teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


不良の天下は俺のもの

 投稿者:殺殺殺殺2  投稿日:2012年12月10日(月)21時32分22秒 86.185.233.111.ap.yournet.ne.jp
返信・引用
 

                  『あんたら何?脳みそ腐ってんの?だったら…死ねよ』

【名前】影闇 夜彌 かげやみよみ
【性別】男
【種族】人間ではない謎の存在
【身長】185cm
【性格】非常に気性が荒く、ちょっとしかことでもすぐ怒り出す短期それゆえに誰も
     近づけないが実は、根は優しく一人のときは、温厚に見えるが本当は、
     寂しがり屋、それゆえに人をいたぶるらしい。
      実際好きな女の前では何もしないらしいが・・・
     その好きな女が不明www
【過去】
      すでに両親を失っていて今は、弟のみがいる、生まれたときから、嫌われ者で
      それゆえに彼は凶悪になった、父親はもともと、忍びの中でもエリートクラスの
      実力者だったが、彼が生まれたときに、何者かに暗殺され、死亡した。
      母親は特別で、魔力や霊力が非常に高く魔術師界の中でもかなりの実力者で
      少しの魔力や霊力だけで、異界を作れるほどであった。
      しかし、彼の弟が生まれて5ヶ月後、ある軍勢により処刑され死亡した、母親の
      種族は、悪魔だったためか、彼と弟は嫌われ続けられた。
【悪魔の血をひく者】
      彼は、生まれつき怒りに満ち溢れると、全身からドス黒いオーラを放つ、そのとき
      彼は、紅い目となり、耳が尖り、尻尾が生える、これは通常の5倍の身体能力を
      得る、しかしこのときの彼に理性はなく、誰に対しても敵対し殺害しようとする、
      そして魔力を使い、攻撃をはじき返すなどの異常行動を起こす、止めるには、彼
      が一人残らず消し去るか、彼の意識を消すかのどれかであるがこの状態は、
      彼の完全なる凶悪化ともいえる。

【覚醒】
      左腕が影となり、すべてを引き裂く、影を破壊することはほぼ不可能、また
      この影はあらゆるものを空間ごと破壊することができる、この状態は、幻術
      等は無干渉となる、さらに左手から奇妙な文字が現れる、この手に触れた
      相手は記憶をいじられ、その記憶を現実化させられる、その間相手は、
      現実化された記憶にとらわれ、本人の姿がみえなくなる。
      また彼は人間の生血を吸うことにより、死をまぬがれることができる。

【自由人】
       彼が認識した場所に自動的に現れることができる、それが例え、相手の思考
       や体内や、侵入不可能な場所だろうが、自由に出入りすることもできる。
       相手の血液の中に入りこみ血管やら臓器やらを汚染し破壊することもできる
       また彼を銃弾で打とうが切り裂こうが、彼は何事もなかったかのように、復活
       する。また相手が彼の血液を浴びることにより、相手は、自分という存在を認識
       できないようにすることができる。その隙に相手の精神に入り込まれれば、最後
       相手の精神はすべて彼のものとなる。



【武装】 釘バット(金属バット) 鎖/無数
      ナイフ/無数
 二丁拳銃 斧/二つ
      トンファー/二本 日本刀

【特殊武器】
      悪夢刀=崩壊 斬った相手を彼が殺すまで眠らせる武器、形状はナイフで、威力もナイフなみだが、一回斬るだけで、相手を深い眠りに
                つかせる、しかも悪夢は現実化し相手が死ぬまで起きることができない、それか誰かが、この武器を破壊しない限り、目
                覚めることはない、また悪夢は彼が支配することができる、それにより相手の寿命も激減し続ける、彼が悪夢を使用する
                場合は、魔力が必要となる。だが魔力をかなり使用するためあまりこの武器は使いたくない様子

【固有結界】
        《蹂躙せりし悪夢の王 ~ネメア~》
この宇宙全体の悪や、魔が集結し、完全融合したような結界また彼が生まれ持った呪いのような物でもある、彼に触れたり、彼の眼をみたり、狂気
のまた狂気の言動を聴き、彼の認識するものすべてを永遠の眠り、つまり死なせてしまう、これは生物にだけでなく、能力の死や物質の死などとい
ったこともできる、彼が触れたなんの変哲のない日本刀すらも腐敗させ崩壊させることや、能力は相手に触れた時点で発動拒否させることや、眼で
みえた物や感じたものすべてを死なせてしまう。
それゆえ彼はあらゆることから拒んでいるらしい…

【体質】

《破滅混具》
触れた物すべて彼の武器になり、その武器を支配下に置くことができるまた触れた物は兵器だろうと電柱だろうと武器になり、その武器自体、
簡単に砕けることはない、また攻撃するだけで建物の一つや二つは破壊できるだろう。
ただし触れた武器はある程度時間がたったら、消滅する、そのため早めにけりをつけたい。
また使用中の武器を隠蔽することも可能で相手の効果のある武器も効果を代価なしで発動することができる。
これは彼が触れたことにより一時的に、効果をハッキングされ、代価なしで発動できるようになったらしい。
だがこれも触れるだけで支配下においたとしてもある程度で消滅してしまう、だがこのときのメリットは、相手は2度とその武器を使用できない
ことである。この力自体は実際彼の母親が使用していた力これは彼の、母親が残した最後の力である。

《霊力支配》
相手の霊力や、あの世の霊力、この世の霊力すべてを支配下におき霊魂弾などを作り出すことができる。霊という霊を彼の霊力にしたり、霊力だ
けで、物質や気体などを支配したり、相手の精神を支配することも可能、その力だけで物質を無にしたり神通力を起こしたり、も可能、しかし今の
彼は神通力を操れないのとその力に気づいていないため無意味、またこれによる霊視や除霊も可能、ただし現実での幽体離脱や除霊・霊視・浄霊
などが可能だが、彼の霊力だとその効果すらも覆しているため、幽体離脱は相手の肉体を一瞬で殺し、霊をあぶりだす力である、除霊は、その霊
の力を効果すら無力にし、フルボッコにする力で浄霊はその霊を吸収し霊力に変える力である霊視は、すべての霊を見通しその霊を実体化させる
ことができる力、これによって彼は毎日死んだ奴を殺しまくっているらしい。
またこれによる代価もまたない。

【能力】
     ≪呪いと永劫の宝物庫≫
魔力や霊力により、刀や槍や斧などを具現化できる、刀は、武器を完全に破壊するほどの力をもち岩をプリンのように薙ぐことができる、槍は地中
深く食い込みすべてを貫通させるほどの力を持つ、斧は、すべてを砕きつぶし破壊するほどの力をもつ、これらは、破壊は可能だがよけることも防
ぐことも許されない、またこの武器すべて異能殺し効果があり、またそれを魔力や霊力があるかぎり無限に出すことができる、また魔力だけでも霊
力だけでも、普通に発動できる、またこれらの武器以外でも、鎖やナイフ・チェンソー・レイピアなどさまざまの武器を具現化することができるため、
使い勝手がいいだろう。しかし、魔力や霊力を使用するため、ときどき使用できないときもあるらしい。
この能力自体、魔力や霊力を使用するものそれゆえに、代価はないだろうな

    ≪絶対終焉の幽霊船≫
幽霊船を顕現することにより自分は幽霊船の船長室に乗り、砲撃や、斬撃の指揮すべてを支配化におくことができる、また幽霊船は無数顕現する
ことができ、それが存在する間彼は動けない代わりに、相手の物理干渉や能力干渉すべてを拒絶することができる、この拒絶は絶対、その拒絶を
無視してでも攻撃したものは、力自体消滅し、相手は死に絶える、また砲撃はざっと50m以内に巨大な穴が開くくらい、斬撃は地を切り刻むかのよ
う、幽霊船自体は、浮遊しているため、地には着かない、しかし空を飛べない相手には有利である。
これによる代価も当然なし。

また幽霊船の霊力を体にまとわせることにより、すべての干渉などの対象外とし攻撃もすべて無力となる、しかしこの状態では彼も攻撃することが
できない、しかし霊力を集結させることにより、霊魂を生み出しそれを、弾として使用することができる。
いがいなことにこの霊魂弾は、放った瞬間相手を付きまとい、爆発するらしい、その爆熱や爆風はすさまじいが、焼けたりはしない、しかし何らかの
効果があることは確か、ひとつ発見した効果は、相手を束縛し、動けなくすること、もうひとつは、幻覚をみせること、などといったことができる、さら
にひとつ分かったことが、彼はこの状態だと無限に霊力があがる、その霊力で無数の霊魂弾を作ることができる、それを支配できるのは彼のみ。

    ≪影の支配者≫
すべての影を支配下に置くことができる、さらに『影殺しのナイフ』というナイフで相手を即死させることができる。
また殺すだけでなく、動きを封印し動けなくすることも可能で影の頭に狙えば永久にそいつをくぐつとして操ることができるが、それは一定時間のみ
だが、命令は何でも可能、さらに相手の影をそうさすることにより相手の能力や身体能力などすべて同一の存在が現れる また影を武器にすること
と影を集結させ、ひとつの空間を作り上げることなどが可能、その空間からは、彼が死なない限り、破壊できず、その空間を破壊できるのは、彼の
みである。また、相手の影に忍び込み、相手を操ることや、影に相手を飲み込むことができる、ただし戦闘後は、元に戻る。
ただし相手が影に飲み込まれた時点で、相手はまけ、彼の勝利となる。
だがこの戦術自体は、彼は使う気になれないらしい。

   《闇の支配者》
すべての闇を支配下におくことができる、これは昼間では効果はあまり発揮されないが、夜になると、闇を完全支配でできる、また『光喰らう闇の宝
剣』という、武器を使用することにより、昼間と夜中を逆転できる、闇を操ることにより、彼を隠蔽し肉眼で捉えられないようにしたり、闇が相手を侵食
したり、闇を実体化させ、相手に攻撃したりなどさまざまな、ことが可能、闇で巨大な穴を作り、そこから相手を吸い込み、消し去ることも、すべての
闇は、彼の思い通りである。また闇で無限に魔力を増幅させることや、闇で相手を束縛し動けなくすることも可能、また闇から作られる空間は、相手
の、能力や体質すべて、対象外とされ、発動不可能となる、また闇の空間は、すでにこの世界とは別次元にあるため、抜け出しても、相手は消滅す
るのみである。闇のシールドや闇の剣などといった武器も作成可能。
これによる代価はない。

【能力用武具】
《影殺しのナイフ》
其の名の通り、影を殺す武器、そのためなのか、相手は、一切触れることができない。
また影を殺すだけでなく、影に刺すことにより、動きを封じることができる。
影に攻撃した場合、相手にも傷ができる。
破壊は可能だが、能力干渉されない。

《光喰らう闇の宝剣》
其の名の通り、光を喰らう闇の宝剣。
昼と夜の逆転も可能。
光と名のつくものすべて消滅させることができる。
破壊されても再生可能。


【身体能力】
攻撃面防御面素早さ面すべてバランスがいいが、そのどれもが強力である。
攻撃面では、すでに鉄なら約10個分簡単に破壊できるほどしかも無傷で
防御面では、刀程度なら無傷で済むほど
素早さ面では、本気を出せばチーターよりも早いらしい
【魔力】
母親の魔力を受け継いでいるためその魔力は底なし、しかし無限ではない
いくら彼でも魔力は無限とは限らず同時に魔力をほとんど扱えないらしい。
これじゃ宝の持ち腐れである
【台詞】
「嫌です、こないでください、気持ち悪いです。殺しますよ?」
「お前に用はない…とっとと俺の前から消えてくれるかな?」



 

レンタル掲示板
/1